上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご来店ありがとうございます。
前にもグログに載せた事がありますが、食器洗い機の取替です。
新築して12年から15年ぐらいすると、システムキッチンに埋め込みにした
食器洗い機が故障しだします。このところ、このような依頼が増えています。

今回も、12年ほど使用した食器洗い機です。故障は突然やってきます。
修理もご検討いただきましたが、12年間毎日働き続けていたので
修理しても、他の場所が故障することもあるので取替と言うことになりました。

0131

この食洗機を取替ます。

0131

まず、下部のパネルを外して、給水バルブを止め排水ホース電源を外します。
高さ調整の足の部分をゆるめて、引き出します。

0131

引き出した後はこのようになっています。
右下に見えるのが、給水の止水バルブと排水ホース、コンセントです。
このままで取り換えられればいいのですが?
そうはいかないのが、取替の時の注意点です。

とその前に外した食洗機を見てください。

0131

結構奥行きのあるものが入っています。
もちろん食器が40点ぐらい入るのですから
57センチの奥行きがあるのです。

0131

今回取り付ける商品を入れるのに、奥行きが足りなかったので後ろの
ボードを切り取りました。そして、

0131

給水バルブの位置が合わないので、給水配管の加工です。
銅の配管を使っていたので、ガス溶接による加工です。
この狭い空間で火を使うガス溶接は気を使います。

0131

防炎シート、水分の多く含んだぞうきんなどを用意して加工します。
加工中の写真は作業に集中していたので撮っていません。
すみません。こんど披露いたします。

0131

で、このように給水バルブが取り付けられます。
このあと、給水バルブの水漏れのテストをして
食器洗い機の設置にかかります。

0131

0131

0131

取り付け台を組み立て、給水の接続、排水ホースを接続します。

0131

完成です。今回は加工する点が多くて少し時間がかかりました。
このあと、食器洗い機の試運転を行って、お客様に説明です。
そして、昨年4月に施行された消費生活用製品安全法で
ビルトイン式食器洗い機特定保守製品に指定されたので
その登録の説明も行います。

0131

0131

消費生活用製品安全法(しょうひせいかつようせいひんあんぜんほう)は、
消費生活用製品による一般消費者の生命又は身体に対する危害の発生の防止を図るため、
特定製品の製造及び販売を規制するとともに、消費生活用製品の安全性の確保につき
民間事業者の自主的な活動を促進し、もつて一般消費者の利益を保護することを
目的として制定された法律だそうです。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

この対象商品は、屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用、LPガス用)、
屋内式ガスふろがま(都市ガス用、LPガス用)、石油給湯機、
石油ふろがま、密閉燃焼式石油温風暖房機、ビルトイン式電気食器洗機、浴室用電気乾燥機 です。

この法律の施工により販売店は、特定保守製品を販売する際に、
お客様に対して点検などの保守の必要性と
ユーザー登録の必要性を説明する義務が生じます。

最後に大変難しい話になりましたが、製品の重大な不具合による
リコールが発生したときに速やかに連絡できるようにするため
必要なので紹介しました。

食器洗い機でお困りのことやリフォームの相談など
小さなことからご相談ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。
上のバナーをポチットひと押し
お願いします。



スポンサーサイト
一週間のご無沙汰です。キッチンのリフォームを行いました。

前にもブログに載せましたが、12月に柏のリビングショウルームで
キッチンを見ていただき、見積もりをしたお客様がリフォームを
行いました。

0130

0130

流し台を取り換え前で片づいているので、まだ新しく見えるのですが
10年使っていて扉等壊れてきたので、流しと後ろの茶だんすも取り換える
ことにしました。

0130

0130

0130

流し台部分を分解して、搬出しお客様の要望でコンセントを流しの前に
作りました。コンロ部分にはIHクッキングヒーターを取り付けるので
200Vのコンセントを配線しました。

0130

天気がよかったので、庭で組み立てを行っています。

0130

0130

後ろのカップボードが組みあがり、続いて流し台部分の組み立て
にかかります。最近のキッチンは引き出しタイプになっていて
細かく収納ができます。

0130

0130

一日で工事が終了。キッチンの使えない日が一日ですみました。
以前の茶箪笥と違い中が見えなくすっきりした印象にできました。

0130

0130

翌日、IHクッキングヒーターの説明を兼ねて料理を作りに
伺いました。使い方を説明して実際にお客様に操作していただきました。
炒めものと焼き物を同時に行ったり、タイマーを使っての調理や
てんぷらを揚げてもらいました。

0130

小えびのかき揚げとサツマイモの天ぷら、もやしの炒め物、
しゃけの焼き物を実演しました。
お客様も実際に一緒に操作すると「わかりやすい」と好評でした。

柏市内にリビングショウルームがあります。
そこには、システムキッチン以外にもユニットバスやシステムトイレ
アラウーノなどいろいろ展示してあります。参考にして使いやすく
リフォームしてみませんか?

当店でも、このようなリフォームを行っております。
是非ご相談ください。


最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。
上のバナーをポチットひと押し
お願いします。





ご来店ありがとうございます。
昨日に引き続き電気屋さんの旅行の二日目です。

0120

朝9時に、泊っていた石和温泉のホテルを出発!
快晴の青い空 気温も高く日ごろのおこないかな?

0120

最初の見学先は、富士吉田にある浅間神社です。
みなさん商売人なので、全員で商売繁盛を祈願して参拝です。
おみくじを引いたり、お守りを買うなど様々でした。
この神社の奥に富士登山の吉田口起点があるそうです。
昔はここから富士山に登りは始めたそうです。
数ある登山口の一つです。

0120

さて、ここで問題です。え!「また」と言う人もいるでしょうが
この建物は何でしょうか?見た事があると思いますが、
平成11年まで富士山頂にあった気象レーダーです。
富士山頂で日本に上陸する台風を観測していたそうです。
その役目を気象観測衛星にバトンタッチして、ここに設置され
体験施設として使われています。
ここでは、富士山ドームの歴史と富士山頂の気象条件なども
体験できるようになっています。
ここは、道の駅富士吉田の隣にあります。

さて、次の写真ですが多くの人が集まり何をしているでしょうか?

0120

写真をよく見ていただくと四角い白い箱のような物を
たくさん持ってきています。

0120

ポリタンクをたくさん持ってきていて、富士山から染み出る天然水を
汲みに来ているのです。
四か所くらいの水の出るところがあり、そこから汲んでいました。
自由にいくらでも汲めるそうです。

思わず珍しいので写真を撮ってしまいました。

ここから、昼食場所の沼津まで移動しました。

0121

東名高速沼津インターを出てすぐの伊豆海というドライブインで食べました。

この後は、おみやげを買い、東名高速からアクアラインを抜けて柏に帰りました。

と ここまでが旅行の様子ですが、次に山梨県側から静岡県へ移動しながら撮った
富士山の写真です。天気がよかったのできれいに見えたのでつい撮ってしまいました。

0121

中央高速から撮った富士山 バスの中から撮影

0121

富士山レーダードーム館からの富士山

0121

東富士五湖道路を通行中山梨県側最後の撮影 バスの窓越し撮影

0121

東富士五湖道路を出て一般道を走行中、静岡県側の撮影 バスの窓越し撮影

0121

東名高速御殿場インターを通過後  バスの窓越し撮影 

0121

沼津インター手前、東名高速を  バスの窓越し撮影走行中

と6枚の富士山の写真です。
ほとんどがバスの中の撮影になり写りが悪いですがいかがでしたか?
富士山てとても魅力ある被写体だと思いました。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。
上のバナーをポチットひと押し
お願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。